『ぽぉの部屋』写真館へようこそ~ Poe Room FlowerGarden ぽぉの写真を公開しています。
ぽぉの部屋
 
ぽぉは問い合わせに独断と偏見で時間と気が向いたときにご返事してま~す(笑)  

↓↓↓↓↓ サイト運営費協力のためにポチっと広告をクリックして表示のご協力お願いしますねぇ~ ↓↓↓↓↓

忍者AdMax

【ご利用に関するお問合せ】


産業観光課 観光商工担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-3351

300円(中学生以上)

普通車500円、マイクロバス800円、大型バス1200円


【梅まつり】

平成29年2月18日(土曜)から3月20日(月曜・祝日)
平成28年2月20日(土曜日)から3月21日(月曜日・祝日)
午前8時30分から午後5時

【公式ホームページ】
越生梅林梅まつり公式案内
http://www.town.ogose.saitama.jp/kankonavi/matsuri/umematsuri/

2016/2/21 ぽぉの散策日誌

子どものころに行った事があります。当然こどもなので梅の花を見て楽しい訳もなく、「ぽぉ」の思い出には「面白くない場所」として記憶されておりました。
まぁ、歳をとったコトが大きいと思うのですが、「越生の梅林」は素敵でした。
昔の人が梅を愛でながら楽しんだのが分かる歳になってしまったコトを悲しむべきか?、喜ぶべきか?。まぁ、チョット複雑な気持ちを噛み締めながら堪能してきました~ヽ(*´∀`)ノ

越生梅林の公式うんちく

越生梅林(おごせばいりん)は、埼玉県入間郡越生町にある越辺川沿いに広がる梅林。水戸偕楽園、熱海梅園と共に「関東三大梅林」の1つとされています。

南北朝時代に武蔵国小杉村に大宰府より天満宮を分祀する(梅園神社)際に梅を植えたのが起源という。

一帯では2万本程の梅が栽培されており、越生梅林はその中にある「梅まつり」が行われる約2haの広さの土地をいう。 越生野梅などの保存古木など約1000本が植えられており、明治期には、佐佐木信綱、田山花袋、野口雨情らが訪れ、その風情を詩歌に残している。

新編武蔵風土記稿の津久根村の項には「土地梅に宜し く梅の樹多く植ゆ、実を取って梅干として江戸に送る。比辺皆同じけれど殊に当村に多しといふ」とあり、昔から梅の生産が盛んであったことを伺わせ、現在では梅林を中心に2万5千本の梅が栽培されている。
越生の梅林(埼玉県越生市)
【0】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
【10】
【11】
【12】
【13】
【14】
【15】
  
ぽぉ~のオススメ アマゾンでどうぞ~~~
【ブログ】「ぽぉ」のてきとうなブログ